旅ラプきろく帳

海外テーマパーク弱ヲタが、自分が読みたい事を書いています…2016年9月オーランド旅行記更新中

ディズニー史上最も怖いアトラクションはアレだと思う

絶叫マシンでもホラーでも怖いもの全般がとても好きなので、スカイダイビングからおばけ屋敷まで機会があればできるだけ挑戦します。

テーマパークでもディズニーやユニバーサルはもちろん、富士急、ナガシマなどの絶叫マシンには大体乗りました。乗ってしまえばどれも見た目より怖くないんですよね。ひたすら気持ちよかったり爆笑したり。

しかし、唯一「怖い!!!!ヤバイ!!!降ろしてください!!!!!」と思ったアトラクションが意外にもディズニーにありました。

それがこちら、アナハイムディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー(DCA)にある『ミッキーのファンウィール』というアトラクションです。
オールドアニメのタイトルミッキー!かわいい!

DCAリニューアル以前は『サン・ウィール』という名前で、外観もミッキーではなく大きな太陽でした。
見た目はかわいらしい観覧車ですが、よく見るとゴンドラの位置がおかしいですね。これ、観覧車の鉄骨にところどころ楕円形のパイプが渡してあって、ゴンドラがゆらゆらと揺れ動くようになっているんです。


こちらのゲートから入りまして、揺れる「SWINGING」と、固定されていて揺れない「NON-SWINGING」の2種から乗るゴンドラを選びます。スリル大好きな私は当然SWINGINGへ。

ゴンドラに乗り込むと、向かい合わせに座席のある本当に普通の観覧車です。が、動き出してすぐ「早っ!!」 日本の観覧車に比べると回転スピードが異様に早い。ぐんぐん上がっていきます。

そしてゴンドラが全体の半分より上あたりに達したところで、スーッとゴンドラが通常ならありえない方向に動き始めます。
「お?」と思う間もなくシャーーー!!「ギャーーーー!!!!!」ものすごい勢いでゴンドラごと下方向に落ちていきます。部屋ごと落っこちるような感覚。そのままぐわんぐわん前後に振り回されます。

「ゆらゆらと揺れる」程度の生やさしいものではなく、正確に表現するとある程度の高さまでゴンドラが上がると滑車ですべり落ちます。

何が恐ろしいって、シートベルト類が一切ない。スリルどころか乗車中ずっと身の危険を感じます。もちろんディズニークオリティなので安全なのでしょうが、固定されていないのでどこかに捕まるのに必死!

一番怖いのが後ろに落ちていく時です。バイキングなどの乗り物と違って、小さなゴンドラが予想外の方向に落ちていくので浮力もほとんどなくめちゃくちゃ怖い。

乗車中の動画がありました。0:30くらいから落ち始めます。いまいち落ちてる感じがわかりにくいけど叫び声が物語ってますね。。

笑う余裕もないほど、他のどのアトラクションとも似ていない怖さでした。乗ってる間はとにかく早く降ろしてくれって思ったけど、めちゃくちゃ面白いです!
世界でここだけなんでしょうか。日本でもどこか作ってくれないかなー。
DCAに行かれる方はぜひSWINGINGを体験してください。高い所苦手な人をダマして乗せると一生恨まれるのでやめましょう。


ほとんどの絶叫マシンには楽しく乗れると思っていますが、カリフォルニアシックス・フラッグスやカナダのワンダーランドパークなど本当にガチなところは未経験なのでどうなるかわからないですね。あまり歳取らないうちにいつか行ってみたい…

ちなみにディズニーランド・パリは意外とおすすめ!
ロックンローラーコースターもタワーオブテラーもあるし、インディジョーンズ(ほぼレイジングスピリッツ)やファインディング・ニモのクラッシュ・コースターなどここにしかないものもちらほら。
そして規制が緩いのか、東京にもあるマウンテン系コースター系は軒並み激しいです。『スペースマウンテン:ミッション2』はロケットスタート&宙返りで狂ってる間違いなく世界最高のスペマンです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


テーマパーク・遊園地ランキングへ