旅ラプきろく帳

海外テーマパーク弱ヲタが、自分が読みたい事を書いています…2016年9月オーランド旅行記更新中

計画編⑧ 前日準備・持っていってよかったもの

オーランド行ってきましたーーー!!!ただいま!!直前に多発して心配してたハリケーンもトロピカルストームもなく、めいっぱい遊んできました。
20代最後・気力体力の限界を超えて力尽きるまで遊んだ7日間…!順に旅行記にしていこうと思います。


まずは前日準備&フィードバックから。
ほんっとーーーーーに暑かった&広かった…!!
装備を誤ると旅続行があぶないほどの灼熱のフロリダでした。

<服装編>
9月中旬(9/17〜23)の日程でしたが、暑いのか寒いのか結構迷いました。昔行った時(4月)は朝晩かなり冷え込んだ記憶があったのです…
結果的に9月はまだまだ夏、朝晩過ごしやすく昼間は動けないほど暑かったです。


・Tシャツと短パン
もうほんとこれしかない。現地の人もほとんどこれ。
スカート履きたかったけど大股開きで乗らなきゃいけなかったり・高所へ舞い上がったり・びしょびしょになったりするアトラクションがあるのでやっぱり短パンが最強です。
長いパンツは論外、レギンスなんて履いてられません。日焼けが気になりますが現地で買ったSPF70(つよい)の日焼け止めをガシガシ塗ったらさほど焼けませんでした。
Tシャツは現地でも山ほど売ってるので買い足して着るのもとても楽しいです。


・長袖パーカー
絶対必要!!なぜなら皆さん書いてる通りバスの中や室内がものすごく寒いからです。気力が奪われる寒さ。
私は極薄手のパーカーしかなかったのでブランケット買ってしまいました。(これはこれですごく気に入ったお土産になりました)
日焼け対策には極薄手のパーカーすごく良いです。


スポーツサンダル
いつもの旅行にはスニーカー+ビーサン+必要ならヒールのある靴も目的に合わせてフルで持っていくんですが、今回はテーマパークのみで死ぬほど歩く+濡れることを考えてスポーツサンダル1足にしました。

tevaのハリケーンという底の厚いタイプ。
7500円くらいだっけな…最初はゴツいのに抵抗があって薄いのを買おうとしてたけどこちらにして大正解でした。。ビーサンなんて絶対ダメです。

パーク内は尋常じゃなく歩く…!週3でジム通ってたけどそんなもんじゃなく帰ってきてからの方が明らかにムキムキになってました。
足が疲れると足裏が痛くて仕方なくなるんですが、これ履いてたら1日終わった後でもまあまあ無事でした。底が厚い靴は疲れないんだな!
ただし靴擦れすると終わるので出発前に慣れておきました…不安な場合は靴下を履くとよいそうです。


次に、<持って行ってよかった編>
・大賞はなんといっても…
緑茶ペットボトル(500ml) ×10本

これはもう、本当に助かりました…
クイックダイニングプラン1日分で2ドリンク(スナックも使えばさらに1本プラス)もらえるしいらないかな…と思ってたけど、基本的に甘い炭酸orジュースor水しか手に入らないので冷たいお茶が飲みたくて禁断症状出てきました。もちろん緑茶など売っていない…。
たまにunsweetened iced tea(甘くないアイスティー)が売ってるのですが…
ちなみに宿泊したオールスタースポーツのフードコートにあるドリンクバーには、甘くないアイスティーありました!!

重いので家からじゃなくて空港の近くのコンビニでまとめ買いしていきました。スーツケースの空いたスペースにお土産も詰められるのでとてもオススメです。


サーモス水筒(500ml)

↑これを買いました。たった210gで激軽

朝、ホテルの廊下にあるアイスジャーで氷と緑茶を詰めていくとずーーっと冷たいままだし、パークで買った飲みきれない巨大コーラを氷ごと移すとまたずっと冷たいまま飲めます。最高です。
水筒を持ち歩くのに慣れてないので20回以上落としてボッコボコになったけど…

最初はペットボトルそのままでいいやと思っていたのですが、暑いフロリダで好きな時に冷たい飲み物が飲めたのはかなり気力を保つのに役立ちました。


<★持っていけばよかったもの>

ヒヤロン!!!
最終日のユニバーサルで熱中症になりかけたのですが、Tちゃんの「急所を冷やせ!!」の指示のもと、首の後ろと脇の下を冷やしたらなんとか生き返りました。。
たまたまフードコート内だったからすぐに冷たい水が買えたけど本当に危なかった…!
こういう緊急の場合にも役立つし、とにかく物理的に冷たい何かがほしくてたまらなくなるほどひたすら暑いので日本が誇るヒヤロンがあればよかったなと思いました。これは現地では買えないしね…


・万全の常備薬
今回、2日目に風邪ひいてダウンしかけました…
もちろん薬は持っていったんですが、旅先で体調崩したことがなかったので適当に詰めていってしまったので足りなくなりました。
私はただの風邪だったのでパークのファーストエイド(救護室)でイブプロフェンをもらえたのですが、使い慣れた薬を少なくとも1つの症状に対して日数分は持っていった方が良いです。
普段は寝てれば治るといえど、寝てる暇も回復する暇もないので薬だけが頼みの綱でした。。


というわけで計画編が終わりまして、
次回からオーランド旅行記・本編始めます。
記憶が鮮明なうちに…!


更新情報をツイートしてます